【重要】ハラジュクのスタジオ営業は2015年4月末にて終了いたします。のお知らせ☆

Featured


いつもシュクラをご利用いただきまして
誠にありがとうございます!
 
2011年5月以来、おかげさまで多くのお客様にお運びいただき
ヨーガの旅をご一緒して参りましたシュクラですが、
このほど2015年4月末で賃貸契約の満了を迎えるにあたり、
一旦現スタジオの営業は休止することにいたしました☆
 
これまでのみなさまのご愛顧とご厚情に
心からありがたく御礼申しあげます!!!
 
オープン当初よりレギュラークラス、ならびに
数々のワークショップを開催してくださった
素晴らしい諸先生方へは感謝の氣持ちでいっぱいです。
本当に本当にありがとうございます☆
 
具体的に今後のことは(移転など)
全く決まっておりませんが、
しばらく充電期間を過ごさせていただき、
新たなVISIONを抱きつつ、
いろいろとリセットした上で
新たな体制を再構築したいと思っています♪
 
レギュラークラス、そしてワークショップなどは
4月26日(日)まで通常通り開催しています!
ぜひぜひお運びくださいね♪
遊びに来ていただくのも大歓迎です♡
 
また、シュクラ近くの、kurkku home < << 1Fで展開している
OMOHARA YOGA CLUB 、また新宿のSports Lab by atmos などでは
今のところ不定期ではありますが、継続してクラスを開催させていただいています。
どうぞ引き続きご利用くださいね。
 
誠に簡単なご挨拶ではございますが、
みなさまへの感謝の氣持ちは筆舌に尽し難く、
クラスへお運びいただいた際に
あらためてお礼をお伝えさせていただければ幸いです。
 
少し寒い雪模様の 春のはじまりのご報告でした。
 
今後もシュクラの担当講師一同、そして私michikoも
ますます精進して参ります。
 
ハラジュクのスタジオは一旦終了いたしますが、
ヨーガの旅はますます深まりゆきます。
 
今後ともみなさまとのありがたきご縁を一層育み、
また新しい出会いも頂戴賜りますよう
どうぞよろしくお願いいたします。ヽ(^。^)ノ
 
【回数券など】
 
*現在お手元にお持ちの回数券の有効期限を
ご確認の上、どうぞ4月26日までのうちにご活用くださいませ。
 
*4月いっぱいまで新しい回数券、および更新延長特典も
今まで通りお客様のご要望に応じて発行させていただきます。
ただし、すべて有効期限は4月26日となりますので
どうぞあらかじめご了承くださいませ。
 

【講師のクラスを受けるには】
 
*各先生方のウェブサイトなどご確認のうえ、
今後もどうぞご縁を育んでいただけますよう☆
 
*プライベートレッスン等をご希望の際は
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
 
平成27年2月4日
 
All the Best
シュクラハラジュク 主宰
ムラヤマ美智子 拝

3月/毎月第一日曜sun. 13:00 – 15:00 Yoga as a ‘cancer gift’〜がんサバイバーの為のヨガクラス〜


「Cue」+Shukla/Harajuku
■ Yoga as a ‘Cancer Gift’ class
〜がんサバイバーの為のヨガクラス〜

毎月第一土曜日11:00 – 13:00 or日曜日13:00 – 15:00

2015年 3月1日(日)13:00-15:00


*3月1日は満席となりました。引き続きキャンセル待ち受付中です。

13:00 – 14:15 ヨガ with sound healing [miho + kazumi:crystal bowl]
14:15 – 15:00 シェアタイム

*yoga : michiko/tomoko☆/Miho
*sound healing with crystal bowl :和海

【ご予約】

参加をご希望の方は、お気軽に
cue.reserve@gmail.comまでご連絡をお願いします。

*当サイトの入力フォームもご利用いただけます。
http://shukla.jp/schedule

タイトル:「1/4ヨガレッスン参加希望」
本文:氏名、年齢、携帯電話、
備考欄に、簡単な闘病歴を記載していただけると幸いです。
定員:8名様

☆♪・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪

安心して自分とゆったり向き合い、仲良くしていくヨガの時間を
過ごしていただければ幸いです。

がんを治療するためのヨガではありません。
けれども、自分の内側と中心が感じられ、余計な不安や怖れが
はずれていくことで、自ずと今の自分に何が必要なのか、カラダやマインドの声が聞こえてくるようなクラスになればと思います。

外の情報を分析してセレクトするのではなく、自ずと今の必要なことが見えてくるようなことです。
また術後のストレスからこわばった筋肉なども解し、同時に免疫機能をアップしていくことにお役立ていただけるようなクラスを目指しています。

抗がん剤治療中の方も、ウィッグをつけてもつけなくてもオッケーです。

今回は、自らもサバイバーであり、アーサナ、哲学、そして何よりプラーナヤーマ(調氣法)を実践することによって
さまざまな症状を実際に緩和したり完治された Tomoko先生(アディアートマヨガ主宰)担当してくださいます!

Tomoko先生のクラスは、ニュートラルなポイントを内側に見出しながら、しなやかな軸をしっかりと自覚していくことができます。とても心地よく清々しい時間となることでしょう。

また、何よりご自身もサバイバーとして、降り掛かった課題を、ヨガの学びを通して、どのように受け入れ、取組み、そして乗り越えることができたのか、具体的な体験とお話をうかがう有益な時間になることと確信しています。
しっかり実践して、治癒するという結果を生の声で聴く事は、大きな勇気と励みになると感想をお寄せいただいています。

前回の様子⇒こちらをご覧ください♡

Tomoko先生☆プロフィール

AdhyatmaYoga主宰 ヨガ教師。

東京・下町生まれ。
アルペンスキーと旅ばかりしていた学生時代を経て、卒業後、パティシエとして勤務。仕事柄、身体を酷使し不規則な生活を続けていた頃、ヨガに出会う。

体力には自信があったつもりの自分の身体の不調をなかなか受け入れられず、肉体的な不調にも増して精神的に苦しく感じていたところが、ヨガの練習を通して少しずつ癒されココロもカラダも楽になっていくことを実感。
ヨガから得る恩恵を多くの人と共有し、伝えていくことをライフワークとすることを決意。

2007年 ヨガ勉強の旅から帰国後、東京にてヨガクラス指導を開始。
2011年 震災をきっかけに「いつでもみんなが集まれる、安心できるヨガのできる場所を作ろう」との思いから AdhyatmaYoga 設立。

2011年 AdhyatmaYogaのオープンから1ヶ月も経たないうちに、病院での検診をきっかけに「絨毛がん」であることが発覚。すぐに化学療法(抗がん剤治療)を受けることに。
化学療法中も、それまで培ったヨガやインド古典の知識をフル活用し、呼吸法や無理のないポーズの練習、アーユルヴェーダに基づく食事方法や生活の工夫を実践。周囲が驚くほど副作用のとても少ない「健やかながん患者ライフ」を送る。

担当医の予想を良い意味で裏切り、当初の予定の半分の期間でがんが陰性化。化学療法を終える。
ヨガの持つ心身への効果の高さを改めて強く実感。

自らの経験をもとにがんサバイバーのヨガ教師として、
ポーズを極めるための単純な運動としてのヨガではなく、
「より良く生きるためのツール」の1つとしてのヨガを日常に取り入れる暮らしを提案中。

*全米ヨガアライアンス認定ヨガ教師
*ヴァイクンタヨガ正式認定指導者
*メディカルハーブコーディネーター

☆小林和美 プロフィール

宮城県出身。
10代より音楽・演劇・本に傾倒。
30代になり、西洋占星術・オーラソーマ・誘導瞑想を学ぶ。
2011年3月の東日本大震災後、親友からアルケミークリスタルボウルの存在を紹介され、その音色の素晴らしさに感動。
2012年7月、伊豆高原でのYAMのチャリティヨガイベントで、初めてヨガとコラボレーション。
その相性の良さを確信。
2012年10月より3ヶ月に一度、友人主催のチャリティヨガクラスにクリスタルボウルで参加。
今後もヨガとのコラボレーションを始め、個人セッション等、一人でも多くの方に心と身体の解放とリラックスをクリスタルボウルで体感して貰えるような活動を続けていく予定。

☆♪・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪・:*:・゚’★.。・:*:・゚’☆♪
★Cue Members★

5年前に乳がんを発症、8ヶ月の闘病生活を送り、自らのサバイバーとしての経験から、若年性がん患者のための情報マガジン(フリーペーパー)「STAND UP!」を創刊、その後もがんの 羅患に伴う前向きな人生の時間を標榜し、このほどCueを立ち上げた鈴木美穂さん。

アロマテラピー・メディカルハーブのプロフェッショナルとしての経験を踏まえ、より広い治癒の現場をセレクトし人をつなげながらパーソナルな関係を社会的に育むことへ情熱を注ぐ、山本亜紀子さん。

この素晴らしいお二人との出逢いと意気投合から、参画恊働するクラスが実現しました。

このクラスは、
がんサバイバーの方限定対象のクローズドなクラスですが、
いずれ、Cueに賛同してくださるスタジオやクラスが増え、
互いのリスペクトと理解とともに、たくさんの体験者の方が
安心してヨガを行える環境が整っていくといいなと思います。

また、ヨガ以外においても、がんサバイバーの方がスキルを活かせる場としても当スタジオがお役立ていただけるよう願っています。

ご関心のある方や賛同してくださるスタジオさまなど、
どうぞお気軽にお問合せくださいね。
コンタクトお待ちしています☆

*Cue ~Congratulations on your Unique Experience~

https://www.facebook.com/cue.jp

*Shukla/Harajuku

http://www.facebook.com/shuklayoga

mail: info@shukla.jp
web: shukla.jp

好評開催中! tomo’s jivamukti yoga ☆日曜ボリューミークラス&木曜朝ヨガ増えました!


旅するヨギー、tomo先生によるクラスご紹介☆
滞在中は若干不定期にはなりますが、シュクラで貴重なクラスを担当してくださっています。

tomo’s jivamukti 毎週日曜日 8:30 – 10:00ボリューミーなクラス 
 
*参加費: 通常回数券(朝ヨガ回数券は不可)ドロップイン/Regular Pass /Drop-in member: ¥2,500 Visitor:¥3,000
 
朝ヨガ 毎週木曜日 8:30 – 9:30pranayama & meditationもプラスされたショートプログラム
 
*参加費: 通常および朝ヨガ回数券 ドロップイン Regular Pass/Morning Pass /Drop-in member:¥2,500 Visitor:¥3,000
 
ジヴァムクティが初めての方、シュクラで練習されている方、ヨガもまだ初心者で…の方。
すべての方が対象です。
*ご予約:こちらの予約フォームよりお申込ください。

tomo profile】

1980年生まれ。
韓国にて役者として活動していたころ、はじめてヨガを体験し、2006年ジュールス・フェブレとの出会いによって本格的にジヴァムクティヨガへの道へ。
以降、食生活だけではなく、ライフスタイルを完全に厳格な菜食主義に変えヨガの学びをさらに深く掘り下げていく。ジヴァムクティヨガの創設者、シャロン・ギャノン師とデービッド・ライフ師のもとで学び、2009年にジヴァムクティ・ティーチャートレーニングを卒業。毎年、数か月間をNYのシヴァムクティヨガセンターにて学び、数少ないシニアティーチャーであるルース師の教えの下でヨガの学びを追及し続けている。2011年にジヴァムクティヨガ アドバンスティチャーの認定を受け、現在は世界各地でヨガを指導。
日本人の父と韓国人の母をもち、幼少期より日本、韓国、アメリカで生活をした経験から3か国語を操り「ヨガ通訳」としても活躍。
海外の講師のワークショップをはじめ、ケンハラクマ、chamaなどの日本人講師の海外での活動もサポートしている。ヨガの普及を目的とした組織「Satsang Events」を立ち上げ、世界の講師のワークショップを企画・運営する活動も行う。